通信制高校の学費は私立と公立とでは違います。

いくら成績が良くても、3年未満での卒業は絶対に出来ない

高校の種類には、全日制・定時制はよく知られていますが、通信制の高校があることはあまり知られていません。
通信制高校とは名前の通り、通学ではなく通信によって教育をおこなう過程の高校です。
通信制とは言え、高校を卒業するには条件が整わないことには卒業させてもらえません。
学校教育法で在籍期間は3年以上必要だと定められています。
いくら成績が良くても、3年未満での卒業は絶対に出来ないこととなります。
全部で74単位を所得が必要となるため、勉強をしなくてはいけません。
テストももちろんありますし、通信制と言いますが、スクーリングといい直接先生から指導を受ける必要があります。
そして、体躯債や修学旅行なども行います。
これは74単位の他に必要な特別活動の30単位とされており、必ず取得しなければいけません。
この在籍期間3年以上や単位などについては、他の高校からの編入や転入として通信制に入った場合は、前の学校での在籍期間や取得単位も含まれます。
通信制高校は、どんな人が通っているのか。
同じ教育課程であれば、全日制でも定時制でも通うところはたくさんあります。
ですが、通信制であれば、一人一人に合ったペースで学習し卒業する事が出来ます。
すでに働いている人や高校を中退した人、勉強が苦手で現在通っている高校の卒業が難しい人など、様々な人が通っています。
また、病気などで通学できない人には通信制高校で学ぶ喜びを得る人もいますでしょうし、不登校などで学校に行けない人、また、人とかかわり合う事を辛く感じる人が学ぶ場所として選ばれています。

通信制高校のサポート校ってなんじゃ pic.twitter.com/rcoIimifwy

— ひよ (@omotimoti3101) 2018年11月22日

いくら成績が良くても、3年未満での卒業は絶対に出来ない / 自分に合ったスクーリングの方式をとっている高校を選ぶ事が出来ます / 全日制に通う費用に比べると通いやすい