通信制高校の学費は私立と公立とでは違います。

自分に合ったスクーリングの方式をとっている高校を選ぶ事が出来ます

ただし、スクーリングが卒業するための単位取得には必要不可欠であるため、必ず参加しなければいけません。
これも、学校によって違ってくるのですが、週に何回か通う場合もあれば年医一度、合宿形式でスクーリングを開催する場合もありますので、自分に合ったスクーリングの方式をとっている高校を選ぶ事が出来ます。
通信制高校と言いますが、高校卒業をしたことに代わりはありません。
履歴書の最終学歴は高校卒業となりますので、高校中退や中学校卒業というのと比べると、ずいぶん印象が変わってきます。
就職活動をすると、ほとんどの一般的な企業が高校卒業を応募要件としていることを考えると、全日制や定時制、通信制のどんな形態であろうと高校卒業であれば応募資格はあります。
通信制であることの評価は評価する人にとって違います。
ですが、最近は自己管理をして努力をしないと卒業する事が難しい高校として評価してもらえることが増えてきています。
卒業するまでの取得単位や在籍年数は学校教育法で定められているので、そう全日制や定時制と変わりません。
一番違うところはかかる学費や費用です。
通信制にも、私立と公立が存在します。
全日制でも公立に比べて私立の方が、かかる学費も費用も高いことがほとんどです。
それと同じように通信制でも、効率よりも私立は学費も高くなります。
もともと、公立の通信制高校は比較的学費が安く設定されています。

いくら成績が良くても、3年未満での卒業は絶対に出来ない / 自分に合ったスクーリングの方式をとっている高校を選ぶ事が出来ます / 全日制に通う費用に比べると通いやすい