通信制高校の学費は私立と公立とでは違います。

全日制に通う費用に比べると通いやすい

通信制高校 / くまもと清陵高等学校【熊本の通信制高校】

スクーリングに参加する時はスクーリングが開催されるところまで自費で行かなければいけませんのでその旅費は含まていませんが授業料などだけで考えると、全日制に通う費用に比べると通いやすいと言えます。
公立の入学金は、500円で、授業料は年間1万円から3万円程度でその他の費用として年間3万円程度かかります。
私立は、入学金が2万円から5万円で、授業料は年間18万円からで、公立に比べると20倍近く高いと言えます。
その他の費用は年間3万円と公立とかかる費用はそう変わりません。
ですが、授業料がこれだけ違うのには私立ならではの授業の進め方の違いという事が挙げられます。
私立はサポート体制が充実していると言えます。
レポートの提出もインターネットを利用して手軽に行えるように整備されています。
スクーリングの日程ひとつとっても、公立に比べて私立の方が融通が効くと言ったことが授業料の金額に表れていると言えます。
このことから、格安で自己管理が出来て卒業をめざすためにしっかりと勉強に取り組める人には公立がおすすめですが、途中で中だるみしてしまう心配がある人には、サポート体制の整った私立を選ぶ方がいいでしょう。
高校に通う生徒が学校を通して国に申請してもらえるお金である、高等学校等就学支援金は公立や私立にかかわらず通信制高校でも支給されます。
この支援金があることで、公立は授業料が無料で私立は年間12万円が授業料から減額されるとあって、私立を選択する事も可能となります。
とはいえ、私立は授業料12万円が減額されたとしても自費でまかなわなければいけない費用が多くあります。
そのことも考えて高校を選びましょう。
高校の卒業資格はないよりあった方が人生の選択肢が増えます。
勉強をするのはとても大変かもしれませんが、自分の豊かな人生のために、卒業を目指してください。

いくら成績が良くても、3年未満での卒業は絶対に出来ない / 自分に合ったスクーリングの方式をとっている高校を選ぶ事が出来ます / 全日制に通う費用に比べると通いやすい